• 最寄り店舗検索

  • 掲載数

    46,431

  • バイク

    42,053

  • パーツ

    4,378

スポーツ/レプリカの人気バイクランキング

BDSバイクセンサーのタイプ別ランキング(スポーツ/レプリカ)では、サイト内のすべてのメーカー・排気量の一ヶ月間の閲覧数・アクセス数を集計し、最もアクセス数の多かったスポーツ/レプリカのバイクをランキング形式でご紹介!各車両ごとの解説と価格帯も掲載しているので、最新のトレンドと併せて確認することで、今までとちょっと違った目線で欲しいバイクを探すことができるかも!?ぜひバイク選びの参考にしてみてください。

 

スポーツ/レプリカ人気車種 (1 ~10 位)

1

排気量: 250 cc

GSX250R

このところ、女性人気の高い250ccのフルカウルモデル。そのひとつが、2017年に登場した「GSX250R」。似ている名前のモデルに「GSX-R250R」があるが、それは1980年代中盤以降、バイクブームを牽引していたレーサーレプリカブームの中の1台で、全くの別物。

平均価格

39.23万円

最低価格

16.05万円

最高価格

69.08万円

2

排気量: 250 cc

YZF-R25YZF-Rシリーズ

「毎日乗れるスーパーバイク」をコンセプトに開発されたのがYZF-R25だ。フレームは新設計のダイヤモンド型で、エンジンケースをメンバーに加えることにより軽量化を実現するなど、走りと扱いやすさを高い次元でバランスさせた1台。

平均価格

45.11万円

最低価格

19.08万円

最高価格

92.00万円

3

排気量: 400 cc

NINJA400

NINJA400Rのモデルチェンジ。外装形状が変更されておりライダーの足に排熱が直撃しないように工夫されている。ER-6をベースに400cc化したモデル。新設計のトラスフレームとカワサキ得意の横置きサスペンションが目を引く。使い勝手がよく走って楽しいエンジンもありとても魅力的に仕上がった1台。

平均価格

55.84万円

最低価格

14.08万円

最高価格

78.00万円

4

排気量: 250 cc

CBR250RRCBRシリーズ

初代モデルは1990年に登場。19000回転回る超高回転型4気筒エンジンで45馬力を発生させた。2017年に登場したモデルは初代モデルと車名は同じだが全く異なるモデルとなっている。エンジンは水冷2気筒を搭載し38馬力となっている。ライダーを選ばず誰でも高次元の走りが楽しめるようなマシンを目指して作られた。広いパワーバンドと相まって、峠からタウン・ユースに至るまで扱いやすく楽しいマシンに仕上がっている。

平均価格

63.22万円

最低価格

32.99万円

最高価格

109.08万円

5

排気量: 250 cc

NINJA250

2013年にZX-10Rの様な外観をもち登場したNINJA250。シャープなスタイリングにライトウェイト、ハイパフォーマンスを兼ね備え、先代モデルのNINJA250R同様に中低速域から扱いやすく、低速トルクは厚くなっている。大きめのタンクのためロングツーリングも快適だ。なお、2015年式よりスリッパークラッチ採用されており、ABS搭載モデルや特別仕様の「KRT EDITION 」など、派生モデルも豊富だ。

平均価格

45.03万円

最低価格

19.62万円

最高価格

72.08万円

6

排気量: 250 cc

NINJA ZX-25R

久しぶりに市場に現れた250cc4気筒。トラクションコントロール・モードセレクター・電子制御スロットルなど大型バイクと比べても遜色のない電子制御を備える。エンジン回転を上げていくと官能的なサウンドを楽しめる。

平均価格

80.19万円

最低価格

49.99万円

最高価格

99.99万円

7

排気量: 125 cc

GSX-R125

GSX-Rシリーズの末弟ともいえるGSX-R125は、水冷4ストローク単気筒125ccエンジンを搭載したスポーツモデルである。力強い加速力と高い燃費性能を兼ね備え、軽快なハンドリングを実現。空力特性に優れたボディワーク、視認性の高い多機能液晶インストルメントパネル、縦2灯式LEDヘッドライト、軽量なABS制御ユニット、高い路面追従性を発揮するリンク式モノショックリヤサスペンションなど、本格的な装備も魅力の1つである。伸びのあるエンジンのおかげで、街乗りからサーキット走行までこなせる、万能な1台となっている。

平均価格

32.99万円

最低価格

19.99万円

最高価格

45.32万円

8

排気量: 250 cc

GIXXER SF 250

GIXXER 250のカウル付モデル。現代に生まれ変わった油冷。他メーカーの同クラスよりは少々馬力が低いが、軽量・コンパクトに拘って作られているので、初心者からベテランまで幅広く満足できる一台。

平均価格

37.88万円

最低価格

20.99万円

最高価格

51.48万円

9

排気量: 400 cc

CBR400RCBRシリーズ

1986年にホンダが水冷化&フルカウル化を実現させ、登場したのがCBR400R。しかし、カウル上の「エアロ」が示すとおり、フルカバードのデザインはレプリカというよりは、むしろツアラーを基本コンセプトとしたスタイリングであった。型式NC47の「CBR400R」は、前述の「CBR400R(NC23)」と名前は同じでも系列の違うマシン。共通のエンジンとシャシーを持つという、特殊な相関関係にあるのが2013年にデビューした「CBR400R(NC47)」「CB400F(NC47)」「400X」。中でも「CBR400R」と「CB400F」は違いがハンドルとカウルのみとなっている。

平均価格

58.88万円

最低価格

25.05万円

最高価格

99.08万円

10

排気量: 600 cc

NINJA ZX-6R

デビュー当初はZX-9Rの弟分としてデビュー。当時はミドルクラスは海外での人気が高かったものの、鉄フレームで十分とされていた。その中でアルミフレームを採用し現代のスタンダートを作り上げた。600ccがレースカテゴリーに格上げされたきっかけを作った1台。全域で使いやすい汎用性を持っている。

平均価格

120.39万円

最低価格

48.99万円

最高価格

170.00万円