• 最寄り店舗検索

  • 掲載数

    46,818

  • バイク

    42,385

  • パーツ

    4,433

ホンダの人気バイクランキング

スーパーカブやPCX、CBやCBR、CRFなど、原付スクーターからスーパースポーツまで、排気量問わず多彩なモデルを展開するホンダ。BDSバイクセンサーのメーカー別ランキング(ホンダ編)では、幅広いラインナップと革新的なテクノロジーで常に業界をリードするホンダのモデルに限定し、アクセス数をもとに集計した注目ランキングをご紹介します!

 

ホンダ人気車種 (1 ~10 位)

1

排気量: 250 cc

レブル250レブルシリーズ

かつてブームを巻き起こしたレブルが2017年に新登場。この「レブル250」は、ナロースタイルのボディと独特なタンクの形状が組み合わさり、他にはないアメリカンバイクのスタイルを確立している。足つきがよくコンパクトなのも魅力の一つだ。アメリカンバイクなので、走行性能が云々、最新技術が云々というスペック志向に目を向けるのではなく、感性にマッチするスタイリングかという部分に目を向けたいモデルである。独創的なフォルムを持つ「レブル250」だが、それゆえに、このカタチが好きになったらほかではきっと満足できない。そんな魅力のあるバイクだ。

平均価格

56.73万円

最低価格

21.08万円

最高価格

185.00万円

2

排気量: 125 cc

PCX125PCXシリーズ

原付二種のスクーターというと、通勤や通学に適した俊足バイクというイメージがある。それとは一線を画したゆったりめのボディサイズで2010年に登場したのが「PCX」。このクラスで国内初となるアイドリングストップ・システムを採用。燃費は60km/h定地走行テスト値で、リッターあたり53.0kmの低燃費を実現している。ゆったりめのボディでも250ccクラスのスクーターと並べると大きくはないので、原付二種らしい走りも存分に味わえる。シート下には25リットルの収納スペース、フロントカウルの内側にも1.5リットルのグローブボックスを用意。使い勝手にも配慮したレイアウトだ。

平均価格

29.74万円

最低価格

12.62万円

最高価格

51.04万円

3

排気量: 110 cc

クロスカブ110カブシリーズ

2013年にアウトドアイメージで、ヘッドライトは丸型を採用し太めのガードでタフイメージを再現。2018年にモデルチェンジが行われレッグシートは取り外されスポーティーな雰囲気となっている。タイヤも大き目のブロックの見た目でもゴツさを表している。ビジネスバイクがベースなので、燃費の良さやタフさは言うまでもない。前後のサスペンションは「スーパーカブ110プロ」のストローク量の多いタイプを採用。ちょっとした悪路も余裕で走りきるので、トップケースやサイドバッグをつければ、すぐに下道専用のツーリングマシンのできあがりだ。

平均価格

32.36万円

最低価格

15.08万円

最高価格

52.08万円

4

排気量: 110 cc

スーパーカブ110カブシリーズ

2009年に登場したモデルである。初代モデルより受け継がれているS字形状を基調とするデザインを引き継いでおり機能美が感じられる。エンジンは新開発の空冷4スロトーク単気筒エンジンを搭載し電子制御燃料噴射装置を組み合わせ環境性能も高められている。またフロントサスペンションはボトムリンクからテレスコピック型へ変更されこれによりストローク量と剛性が上がり接地感のある特性となった。

平均価格

25.18万円

最低価格

9.09万円

最高価格

45.09万円

5

排気量: 125 cc

CT125ハンターカブ

オンロードもフロードも楽しめて、冒険心を妙にくすぐるバイク。そんな1台が2020年に登場した「CT125・ハンターカブ」。CT110を現代的にアレンジし、キャンプからトレッキングまであらゆるシチュエーションで楽しめる相棒である。燃料タンクは5.3リットルと、やや小さく感じるかもしれないが、燃費消費率はWMTCモード(クラス1・1名乗車時)で67.2km/リットル。単純計算すると、1回のガソリン満タンで走れる距離は350km以上。このあたりは、さすがスーパーカブの系譜といえるだろう。

平均価格

42.24万円

最低価格

28.39万円

最高価格

98.08万円

6

排気量: 250 cc

CBR250RRCBRシリーズ

初代モデルは1990年に登場。19000回転回る超高回転型4気筒エンジンで45馬力を発生させた。2017年に登場したモデルは初代モデルと車名は同じだが全く異なるモデルとなっている。エンジンは水冷2気筒を搭載し38馬力となっている。ライダーを選ばず誰でも高次元の走りが楽しめるようなマシンを目指して作られた。広いパワーバンドと相まって、峠からタウン・ユースに至るまで扱いやすく楽しいマシンに仕上がっている。

平均価格

63.14万円

最低価格

32.99万円

最高価格

109.08万円

7

排気量: 50 cc

ジョルノ

GIORNO(ジョルノ)はネオレトロスクーターの先駆けとなったモデル。ブームになる数年前から登場し、ネオレトロスクーターの先駆けとなった。コンビニフックや小型キャリアも装備するなど、原付スクーターに求められる実用性を損なうことなく、デザイン性を両立させたのは特筆に値する。カラーリング等を変更した「スペシャル」や「デラックス」の追加はあったもの、最後まで基本スペックの変更はなく、1999年に世界初、水冷4スト50ccエンジンを搭載したジョルノクレア(AF54)へバトンタッチした。

平均価格

14.00万円

最低価格

5.01万円

最高価格

27.06万円

8

排気量: 250 cc

マグナ250マグナシリーズ

今でこそアメリカンと言えばVツインのイメージが定着しているが、アメリカンがブームになる前の1990年代前半は400ccクラス、250ccクラスともにラインアップが薄く、スティード400やXV400ビラーゴ、XV250ビラーゴの3モデルしかVツインエンジン搭載車がなかった。特に250ccクラスはシングルエンジンのホンダ・レブル、並列ツインのカワサキ・エリミネーター250LX、スズキはラインアップなしと、アメリカンそのものが少なく、ネイキッドやレプリカがまだ強かったのだ。そんな中で登場したVツインアメリカンがV-ツインマグナ(V-TWIN MAGNA)だ。車名であえて「Vツイン」としているのは、マグナシリーズの兄貴分であるマグナ750がV型4気筒モデルで、それと差別化を図るためだろう。だが、マグナとしてのコンセプトは共通で、ボリューム感あるロー&ロングなスタイリングは250ccとは思えない本格的なもの。1620mmというホイールベースはマグナ750の1660に匹敵するもので、スティード400/600よりも長いのだ。また、メッキパーツの多用で質感高く仕上げ、シリンダーにはフィン付きカバーをボルト止めすることで、空冷エンジン風を演出するなど、まさにホンダは他メーカーを出し抜いたかたちとなった。1996年にはフロントもディッシュホイールを装備したVツインマグナSも追加され、ラインアップを充実化。400ccクラスではスディード400がドラッグスター、デスペラード、バルカンに追随されるも、250ccクラスではデザイン・スタイリングで「現代のアメリカン」を提唱するスタンダードモデルとなったのは間違いのない事実だ。その証拠に、2007年の販売終了まで大きなモデルチェンジもなくラインアップし、流通台数も多い。アメリカンを気軽に楽しむならVツインマグナを選択しておけば間違いないだろう。

平均価格

42.94万円

最低価格

8.09万円

最高価格

118.00万円

9

排気量: 125 cc

グロム

GROM(グロム)は2013年に登場した、カブ系エンジンを積むミニバイクである。フロントには倒立サスを採用し前後ディスクブレーキと走り妥協しない足廻りを採用。2016年にモデルチェンジが行われ、LEDヘッドライトを採用しマフラーもダウンタイプとなる。2021年モデルでは外装を一新しメンテナンス性が向上している。ホイールも5本スポークへ変更となる。セカンドバイクとしても乗るのも良し、メインバイクとして遊びから通勤・通学、ちょっとした買い物や街乗りまで、あらゆるシーンで使い倒すのも良し。グロムは様々なニーズに応えるバイクだ。

平均価格

31.65万円

最低価格

16.00万円

最高価格

84.08万円

10

排気量: 50 cc

スーパーカブ50カブシリーズ

1958年にスーパーカブC100が登場し、1966年にモデルチェンジが行われスーパーカブC50となる。エンジンは従来のOHVからOHCに変更された。1971年にはハンドルやスリムになったレッグシールド、フロントフェンダーが変更されたデラックス仕様が登場。1981年モデルではエンジンが見直され燃焼室をコンパクト化、パワーと省燃費を両立したモデルとなる。2007年には燃料の供給方式それまでのキャブレターからインジェクションへ変更。2012年モデルでは低価格化を目指し生産国を中国に変更。デザインやホイールベースなども変更された。2017年モデルではLEDを採用したヘッドライトやウインカー装備するほか、エンジンも見直されている。

平均価格

18.53万円

最低価格

7.07万円

最高価格

49.08万円