• 最寄り店舗検索

  • 掲載数

    45,610

  • バイク

    41,967

  • パーツ

    3,643

アメリカンの人気バイクランキング

BDSバイクセンサーのタイプ別ランキング(アメリカン)では、サイト内のすべてのメーカー・排気量の一ヶ月間の閲覧数・アクセス数を集計し、最もアクセス数の多かったアメリカンのバイクをランキング形式でご紹介!各車両ごとの解説と価格帯も掲載しているので、最新のトレンドと併せて確認することで、今までとちょっと違った目線で欲しいバイクを探すことができるかも!?ぜひバイク選びの参考にしてみてください。

 

アメリカン人気車種 (1 ~10 位)

1

排気量: 250 cc

レブル250レブルシリーズ

かつてブームを巻き起こしたレブルが2017年に新登場。この「レブル250」は、ナロースタイルのボディと独特なタンクの形状が組み合わさり、他にはないアメリカンバイクのスタイルを確立している。足つきがよくコンパクトなのも魅力の一つだ。アメリカンバイクなので、走行性能が云々、最新技術が云々というスペック志向に目を向けるのではなく、感性にマッチするスタイリングかという部分に目を向けたいモデルである。独創的なフォルムを持つ「レブル250」だが、それゆえに、このカタチが好きになったらほかではきっと満足できない。そんな魅力のあるバイクだ。

平均価格

56.72万円

最低価格

24.09万円

最高価格

185.00万円

2

排気量: 250 cc

ドラッグスター250

ヤマハ・ドラッグスターシリーズの250ccモデル。先行してビラーゴが発売されていたが、よりロー&ロングな車体が特徴で、こちらもアメリカンらしいスタンダードなスタイルとなっている。他のドラッグスターシリーズと違い、250ccのコンパクトさを活かした軽い取り回しが特徴的である。

平均価格

54.78万円

最低価格

12.00万円

最高価格

178.02万円

3

排気量: 400 cc

ドラッグスター400

ヤマハアメリカンの中核ともいえるモデル。大型バイクのような存在感のあるスタイリングと、どんなシチュエーションにも応えてくれる乗り味で多くの人を虜にした。その人気もあってカスタムパーツも豊富にあり、自分好みの1台に仕上げることができる。

平均価格

67.69万円

最低価格

22.08万円

最高価格

140.00万円

4

排気量: 250 cc

マグナ250マグナシリーズ

今でこそアメリカンと言えばVツインのイメージが定着しているが、アメリカンがブームになる前の1990年代前半は400ccクラス、250ccクラスともにラインアップが薄く、スティード400やXV400ビラーゴ、XV250ビラーゴの3モデルしかVツインエンジン搭載車がなかった。特に250ccクラスはシングルエンジンのホンダ・レブル、並列ツインのカワサキ・エリミネーター250LX、スズキはラインアップなしと、アメリカンそのものが少なく、ネイキッドやレプリカがまだ強かったのだ。そんな中で登場したVツインアメリカンがV-ツインマグナ(V-TWIN MAGNA)だ。車名であえて「Vツイン」としているのは、マグナシリーズの兄貴分であるマグナ750がV型4気筒モデルで、それと差別化を図るためだろう。だが、マグナとしてのコンセプトは共通で、ボリューム感あるロー&ロングなスタイリングは250ccとは思えない本格的なもの。1620mmというホイールベースはマグナ750の1660に匹敵するもので、スティード400/600よりも長いのだ。また、メッキパーツの多用で質感高く仕上げ、シリンダーにはフィン付きカバーをボルト止めすることで、空冷エンジン風を演出するなど、まさにホンダは他メーカーを出し抜いたかたちとなった。1996年にはフロントもディッシュホイールを装備したVツインマグナSも追加され、ラインアップを充実化。400ccクラスではスディード400がドラッグスター、デスペラード、バルカンに追随されるも、250ccクラスではデザイン・スタイリングで「現代のアメリカン」を提唱するスタンダードモデルとなったのは間違いのない事実だ。その証拠に、2007年の販売終了まで大きなモデルチェンジもなくラインアップし、流通台数も多い。アメリカンを気軽に楽しむならVツインマグナを選択しておけば間違いないだろう。

平均価格

43.12万円

最低価格

8.09万円

最高価格

118.00万円

5

排気量: 50 cc

マグナ50マグナシリーズ

マグナ50は、ホンダがアメリカンの新ジャンルを構築すべく登場させた一台。V4エンジン搭載の兄貴分マグナ750共通のイメージで、ロー&ロングに仕上げられたスタイリングは実に新鮮で、「遊び心を忘れないホンダのミニ」として一躍人気モデルとなった。入門用としてはもちろんのこと、アメリカン乗りのセカンドバイクとしても「遊び心を忘れないホンダのミニ」はベストな選択といえるだろう。

平均価格

29.77万円

最低価格

18.01万円

最高価格

53.08万円

6

排気量: 249 cc

レブル250 Sエディションレブルシリーズ

Rebel 250 S Edition(レブル250 Sエディション)は、通常のレブル250をより精悍に演出したモデルだ。ヘッドライトカウル、フォークカバーやフォークブーツ、スペシャルシートなどの純正アクセサリーをパッケージ装着することで、COOLな印象を際立たせるだけでなく、個性と存在感をさらに強めている。

平均価格

57.71万円

最低価格

42.99万円

最高価格

168.05万円

7

排気量: 1200 cc

XL1200X フォーティエイト

XL1200Xフォーティーエイトは2010年のデビュー以来、1202㏄空冷式Evolution V-Twinエンジン特有の低回転域トルクやサウンド、乗り味などが多くのユーザーに愛され、日本のトップセラーモデルとして地位を確立。ファイナルエディションは、空冷45度Vツインエンジンやピーナッツタンク、ファットタイヤなどの伝統はそのままに、特別パーツとして、シリアルナンバー入りのサイドカバーを追加。他にも、金色スタッズとロゴがデザインされたボバーソロサドルをはじめ、ノスタルジックハンドグリップやエアクリーナーカバー、クラシックタイマーカバーを設定している。

平均価格

178.45万円

最低価格

109.08万円

最高価格

360.00万円

8

排気量: 883 cc

XL883N アイアン

XL883から各部をブラックアウトし、ロースタイルを取り入れて作られたモデル。ブラックアウトした各部がとても美しい。FIモデルのみ。エンジンは必要十分で心地よい振動からゆったりと走り出すことが出来る。

平均価格

146.33万円

最低価格

82.08万円

最高価格

205.00万円

9

排気量: 1340 cc

FXDL ローライダー

ローロングスタイルのアメリカン。人気のシリーズであり、ハーレーらしいスタイリング、鼓動を感じるエンジンと魅力が尽きない。その名の通り車高は低く作られており足つきは良い。

平均価格

139.08万円

最低価格

88.00万円

最高価格

263.95万円

10

排気量: 400 cc

ドラッグスター400クラシック

ドラッグスターシリーズのクラシックモデル。ドラッグスター400と基本構造は同じだが、大きく被さるような前後フェンダーや大型ヘッドライト、16インチホイールを装備。ステップもフットボードを採用するなど、外観は大きく異なっている。

平均価格

67.36万円

最低価格

29.08万円

最高価格

121.00万円