• 最寄り店舗検索

  • 掲載数

    46,819

  • バイク

    42,386

  • パーツ

    4,433

251~400ccの人気バイクランキング

BDSバイクセンサーのタイプ別ランキング(251~400cc)では、サイト内のすべてのメーカー・排気量の一ヶ月間の閲覧数・アクセス数を集計し、最もアクセス数の多かった251~400ccのバイクをランキング形式でご紹介!各車両ごとの解説と価格帯も掲載しているので、最新のトレンドと併せて確認することで、今までとちょっと違った目線で欲しいバイクを探すことができるかも!?ぜひバイク選びの参考にしてみてください。

 

251~400cc人気車種 (1 ~10 位)

1

排気量: 400 cc

SR400SRシリーズ

SR400は、誰もが認めるビッグシングルのスタンダードモデル。ドラムブレーキへの変更とフォークブーツの新採用を行い、クラシカルな方向にシフトされた。シングルレーサーに近いものや、スタイル重視のスカチューンやカフェレーサーまで、カスタムのカタチが多岐に渡る。

平均価格

67.71万円

最低価格

27.08万円

最高価格

265.00万円

2

排気量: 400 cc

NINJA400

NINJA400Rのモデルチェンジ。外装形状が変更されておりライダーの足に排熱が直撃しないように工夫されている。ER-6をベースに400cc化したモデル。新設計のトラスフレームとカワサキ得意の横置きサスペンションが目を引く。使い勝手がよく走って楽しいエンジンもありとても魅力的に仕上がった1台。

平均価格

55.09万円

最低価格

21.99万円

最高価格

78.00万円

3

排気量: 400 cc

CB400 SUPER FOURCBシリーズ

CB1000SUPERFOURの400CC版として登場。オーソドックスなネイキッドモデル。車両各部のバランスが良く教習者に使われるほど癖のないハンドリングが特徴である。すべてにおいてお手本のようなモデル。後にフレーム補強の入ったバージョンRやバージョンSなども登場する。

平均価格

106.23万円

最低価格

37.08万円

最高価格

198.00万円

4

排気量: 348 cc

GB350

GB350はインドで発表された「Hʼness CB350」をベースに開発されたモデルである。新設計の空冷4ストロークOHC単気筒エンジンを搭載し、一室構造のマフラーとの組み合わせにより、重低音とパルスの相まったサウンドを実現している。また、走行中にライダーにも排気音が聞こえるよう、あえて高周波を残すような細かいチューニングを施しており、停止中にも鼓動が伝わるようアイドリングは低回転に設定されている。その他、アシストスリッパークラッチの採用により、クラッチレバー操作荷重の軽減と、シフトダウン時の急激なエンジンブレーキによるショックを緩和。ライダーの疲労低減と快適性に寄与している。

平均価格

61.83万円

最低価格

39.08万円

最高価格

89.08万円

5

排気量: 400 cc

ドラッグスター400

ヤマハアメリカンの中核ともいえるモデル。大型バイクのような存在感のあるスタイリングと、どんなシチュエーションにも応えてくれる乗り味で多くの人を虜にした。その人気もあってカスタムパーツも豊富にあり、自分好みの1台に仕上げることができる。

平均価格

68.36万円

最低価格

22.08万円

最高価格

140.00万円

6

排気量: 400 cc

CB400 SUPER FOUR VTEC REVOCBシリーズ

平均価格

107.07万円

最低価格

34.99万円

最高価格

188.00万円

7

排気量: 400 cc

CB400 SUPER ボルドールCBシリーズ

2005年に登場したこのモデルは、HYPER VTEC SPECIIIエンジンを搭載したCB400 SUPER FOURをベースにハーフカウルを追加し、高速走行時の風圧を軽減し、長距離走行に適したモデルとなっている。2006年以降CB400 SUPER FOUR同様にマイナーチェンジを繰り返し進化している。

平均価格

91.37万円

最低価格

37.99万円

最高価格

159.99万円

8

排気量: 400 cc

CBR400RCBRシリーズ

1986年にホンダが水冷化&フルカウル化を実現させ、登場したのがCBR400R。しかし、カウル上の「エアロ」が示すとおり、フルカバードのデザインはレプリカというよりは、むしろツアラーを基本コンセプトとしたスタイリングであった。型式NC47の「CBR400R」は、前述の「CBR400R(NC23)」と名前は同じでも系列の違うマシン。共通のエンジンとシャシーを持つという、特殊な相関関係にあるのが2013年にデビューした「CBR400R(NC47)」「CB400F(NC47)」「400X」。中でも「CBR400R」と「CB400F」は違いがハンドルとカウルのみとなっている。

平均価格

58.37万円

最低価格

26.99万円

最高価格

99.08万円

9

排気量: 400 cc

ZEPHYR χZEPHYRシリーズ

ZEPHYR400から4バルブ化したエンジンを搭載。さらに足回りやブレーキ、吸排気系を強化して生み出された。「初代ZEPHYRでやり残したのは4バルブ位」というコメントが残されており、この事からもより完成されたZEPHYRと言える。

平均価格

139.48万円

最低価格

75.00万円

最高価格

299.08万円

10

排気量: 400 cc

ドラッグスター400クラシック

ドラッグスターシリーズのクラシックモデル。ドラッグスター400と基本構造は同じだが、大きく被さるような前後フェンダーや大型ヘッドライト、16インチホイールを装備。ステップもフットボードを採用するなど、外観は大きく異なっている。

平均価格

67.95万円

最低価格

29.08万円

最高価格

121.00万円