• 最寄り店舗検索

  • 掲載数

    46,974

  • バイク

    42,532

  • パーツ

    4,442

スクーター/51~125ccの人気バイクランキング

BDSバイクセンサーのタイプ別ランキング(スクーター/51~125cc)では、サイト内のすべてのメーカー・排気量の一ヶ月間の閲覧数・アクセス数を集計し、最もアクセス数の多かったスクーター/51~125ccのバイクをランキング形式でご紹介!各車両ごとの解説と価格帯も掲載しているので、最新のトレンドと併せて確認することで、今までとちょっと違った目線で欲しいバイクを探すことができるかも!?ぜひバイク選びの参考にしてみてください。

 

スクーター/51~125cc人気車種 (1 ~10 位)

1

排気量: 125 cc

PCX125PCXシリーズ

原付二種のスクーターというと、通勤や通学に適した俊足バイクというイメージがある。それとは一線を画したゆったりめのボディサイズで2010年に登場したのが「PCX」。このクラスで国内初となるアイドリングストップ・システムを採用。燃費は60km/h定地走行テスト値で、リッターあたり53.0kmの低燃費を実現している。ゆったりめのボディでも250ccクラスのスクーターと並べると大きくはないので、原付二種らしい走りも存分に味わえる。シート下には25リットルの収納スペース、フロントカウルの内側にも1.5リットルのグローブボックスを用意。使い勝手にも配慮したレイアウトだ。

平均価格

29.74万円

最低価格

12.62万円

最高価格

51.04万円

2

排気量: 125 cc

リード125

リード125は、1982年に初登場したモデルと2013年に登場したモデルの2つが存在する。後者は、水冷・4ストローク・OHC・単気筒・114ccエンジンを搭載した「リード・EX」のフルモデルチェンジモデルで、前者と全く素性の違うモノとなっている。一言でリード125と言っても、JF01とJF45では、エンジン・デザイン・装備などすべてが違う。探しやすいのはJH45。もの珍しさがあるのはJF01。リード125が欲しいと思っている場合、JF01とJF45で比較検討してみるのも面白いだろう。

平均価格

27.41万円

最低価格

11.99万円

最高価格

72.06万円

3

排気量: 125 cc

AXIS Zアクシスシリーズ

空冷4ストローク単気筒の“BLUE CORE(ブルーコア)”エンジンを搭載。このエンジンは高効率燃焼、高い冷却性、ロス低減を実現した環境性能の高いエンジンである。車体ではシートポジションの自由度が高いロングシートに広めのラゲッジスペース(ジェット型ヘルメット2個収納可能)。安全面では前後連動ブレーキを採用している。ヤマハ125ccスクーターでトップ(当時)の燃費性能(WMTCモード[クラス1・1名乗車時]=54.6km/リットル)とシャープでモダンなスタイル。キビキビ走って、環境にも優しく、経済的で、使い勝手も良い。アレもコレもと欲張りな原付二種スクーター、それがAXIS Zだ。

平均価格

21.09万円

最低価格

10.98万円

最高価格

28.05万円

4

排気量: 125 cc

アドレス125

アドレスV125の後継機。少々大型化した車格ではあるが、実はメーカー味付けでアドレスV125よりの鋭いダッシュをする。SEP(スズキ・エコ・パフォーマンス)エンジンを搭載。平成32年(令和2年)国内排出ガス規制に適合させ、高い燃費性能だけではなく、優れた加速力も併せ持つ。また、左ブレーキレバーを握ると、フロントブレーキとリヤブレーキが同時に作動し、安定した制動をサポートするコンバインドブレーキも搭載されている。

平均価格

21.09万円

最低価格

10.08万円

最高価格

219.09万円

5

排気量: 110 cc

DIO110

2011年に登場。空冷4ストロークエンジンを搭載し14インチの大径タイヤを採用したスポーティーなスクーターだ。2021年モデルでは外観こそ大きな変化が感じられないが、フレームはプレスタイプのアルミフレームへ、エンジンはボアストローク比を変更ロングストーク化し熱効率を向上、キックを排し軽量コンパクトになっている。

平均価格

19.06万円

最低価格

9.09万円

最高価格

26.99万円

6

排気量: 125 cc

NMAX

ヤマハの155ccスクーターには、2014年に登場した「マジェスティS」があるが、よりコンパクトなボディで2017年に登場したのが「NMAX」。2モデルの最も大きな違いは、心臓部であるエンジン。NMAX155は走りの楽しさと燃費・環境性能を両立させる、優れた放熱性と軽量化に貢献するDiASilシリンダーや高効率燃焼を促進する可変バルブシステムVVAが採用された155ccの『BLUE CORE(ブルーコア)』エンジンを搭載。燃費消費率はWMTCモードが1リットルあたり41.7kmを誇る。さらに、2021年モデルではトラクションコントロールシステムを搭載し、滑りやすい道でも後輪がスリップしにくく安定した走りが可能となっている。

平均価格

27.37万円

最低価格

14.99万円

最高価格

45.08万円

7

排気量: 125 cc

シグナス125Xシグナスシリーズ

このモデルが登場したのは2003年だ。前後12インチのタイヤにディスクブレーキ。エッジの効いたスポーティーなデザイン。限定のモトGPエディションが存在するなどモータースポーツ好きの普段の足としてお勧めである。

平均価格

22.05万円

最低価格

5.28万円

最高価格

40.00万円

8

排気量: 125 cc

トリシティ125トリシティシリーズ

トリシティ125の最大の特徴はフロント二輪・リア一輪の三輪モデルであること。ヤマハ初のLMW(リーニング・マルチ・ホイール)モデルだ。LMWは一般的なトライクとは違い、フロントの二輪も車体の傾きに合わせて傾く。エンジンは燃費性に優れるヤマハ独自のFIシステム「YMJET-FI」、冷却性に優れたオールアルミ製「DiASil(ダイアジル)シリンダー」が採用された124ccの水冷4ストローク単気筒。最高出力は11PS、最大トルクは1.0kgf・m。特筆するほどのパワーはないが、クルマの流れは十分にリードできる。燃費消費率は60km/hの定地燃費値で35.8km/リットルとなっている。

平均価格

28.75万円

最低価格

6.00万円

最高価格

54.08万円

9

排気量: 124 cc

バーグマンストリート125

平均価格

28.05万円

最低価格

15.08万円

最高価格

31.08万円

10

排気量: 125 cc

アヴェニス125

ヨーロピアンスタイルのスクーター。低速から粘りのあるエンジンが特徴。

平均価格

24.89万円

最低価格

19.00万円

最高価格

28.05万円