• 掲載数

    44,784

  • バイク

    40,840

  • パーツ

    3,944

401~750ccの人気バイクランキング

BDSバイクセンサーのタイプ別ランキング(401~750cc)では、サイト内のすべてのメーカー・排気量の一ヶ月間の閲覧数・アクセス数を集計し、最もアクセス数の多かった401~750ccのバイクをランキング形式でご紹介!各車両ごとの解説と価格帯も掲載しているので、最新のトレンドと併せて確認することで、今までとちょっと違った目線で欲しいバイクを探すことができるかも!?ぜひバイク選びの参考にしてみてください。

 

401~750cc人気車種 (1 ~10 位)

1

排気量: 750 cc

CB750CBシリーズ

CB750は、高性能、高機能ではないが必要十分な装備を誇った750ccクラスのスタンダードモデルだ。「オーソドックス」「スタンダード」「ベーシック」、まさにこんな言葉がピッタリなゼファー750と並ぶ空冷ナナハンの隠れ名車となっている。1969年のCB750FOUR、通称K0から始まり、DOHCエンジンを搭載した1979年のCB750F(RC04)が代表的だが、1992年から2007年までの15年間、大きなモデルチェンジもなくラインアップしたCB750(RC42)も、「空冷CB」で言い表せるモデルに仲間入りしたと言っていいだろう。

平均価格

99.36万円

最低価格

27.00万円

最高価格

440.00万円

2

排気量: 750 cc

CB750FOURCBシリーズ

1969年に世界最速のバイクとして生まれたのがCB750FOUR。4気筒・4キャブ・4マフラーは1960年代のHONDAのGPマシンの代名詞であり、高回転、高出力の象徴でもあった。それも750ccという、当時としては大排気量での登場と相まって、世界のオートバイ市場は大いに興奮し、その影響力は計り知れないものであった。現在では当たり前となった「ディスクブレーキ」を装備したのも、量産車で最高速度200km/hを越えたのも、このCB750FOURが初めてであり、その影響力は計り知れないものであった。

平均価格

338.07万円

最低価格

119.00万円

最高価格

668.00万円

3

排気量: 600 cc

CBR600RRCBRシリーズ

2000年にCBR400RR(NC29)が終了となり、ミドルクラスのレプリカ・スーパースポーツ系はRVF400(NC35)やCBR600F(PC35)となってしまう。CBR600RRは2003年にレーシーさの証である「RR」を受け継ぎ、フルモデルチェンジを行い登場した。モトGPマシンのRC211Vと同時開発されたため、最新の技術が注がれており、世界初の量産中空ダイキャストアルミフレーム、量産車初となるユニットプロリンクを採用。2007年にはPC40型へフルモデルチェンジし、CBR600RRは確実に国内のレプリカ・スーパースポーツのポジションを確立していくことになる。

平均価格

127.19万円

最低価格

54.99万円

最高価格

203.08万円

4

排気量: 600 cc

NINJA ZX-6R

デビュー当初はZX-9Rの弟分としてデビュー。当時はミドルクラスは海外での人気が高かったものの、鉄フレームで十分とされていた。その中でアルミフレームを採用し現代のスタンダートを作り上げた。600ccがレースカテゴリーに格上げされたきっかけを作った1台。全域で使いやすい汎用性を持っている。

平均価格

118.85万円

最低価格

52.99万円

最高価格

168.08万円

5

排気量: 700 cc

MT-07MTシリーズ

MT-09から少し遅れて発売となったMT-07、YZF-R1などでおなじみのクロスプレーンクランクを採用した、新開発のクランク角270度並列2気筒エンジンを搭載。エンジンも含め、全体をとにかく軽く作られたため、装備重量で179kgと非常に軽量となっている。2018年モデルでマイナーチェンジを受け、2021年にLEDヘッドライトや、外観が変更された。

平均価格

66.58万円

最低価格

0.05万円

最高価格

89.01万円

6

排気量: 650 cc

SV650

SV650は、600ccクラスの希少なスタンダードなVツインモデル。フレームや外観デザインはTL1000Sを踏襲し、クラス初のアルミ製楕円断面トラスフレームの採用。並列ツインでレトロなW650やSR500と方向性が異なり、そういった面ではライバル不在だった。

平均価格

65.04万円

最低価格

0.06万円

最高価格

100.32万円

7

排気量: 650 cc

W650

W650は、20数年の時を経て復活したバーチカルツインモデル。ベベルギヤ(傘歯車)とシャフトによってカムを駆動させる空冷 SOHC4バルブ並列ツインは、クランク前側に一軸バランサーを持つことで、低中速回転域では適度な鼓動感を確保、高回転域では不快な振動を抑える。

平均価格

68.14万円

最低価格

40.00万円

最高価格

98.08万円

8

排気量: 750 cc

ZEPHYR750ZEPHYRシリーズ

日本国内で大ヒットのジャパニーズスタイルネイキット。車格・パワー共にちょうど良く扱いやすい。カスタムベースとしても大人気。

平均価格

174.57万円

最低価格

85.00万円

最高価格

295.00万円

9

排気量: 500 cc

レブル500レブルシリーズ

2017年、「レブル250」と同時に発売された「レブル500」。ボディサイズはともに、全長2190mm、全幅820mm、全高1090mmで同サイズ。それでいて最高出力はレブル250が26PSなのに対し、レブル500は46PSと倍近いパワーを持つ。このレブルシリーズは独特なカタチが大きな特徴だが、レブル500は、それにパンチの効いた走りが追加されたモデルだ。外観上で言えば、エンジンが大きくなった分、タンク下のエンジンスペースの密度が高まっており、全体のカタマリ感がレブル250よりも強く感じられる。スッキリ感のある「レブル250」、ギッシリ感のある「レブル500」という感じだ。

平均価格

74.61万円

最低価格

49.08万円

最高価格

89.08万円

10

排気量: 750 cc

Z2

世界にカワサキの名を印象付けたモデル。ここから全てが始まったともいえる。当時としては最先端のDOHCエンジンや先にデビューしたCB750を超えるべく開発された。

平均価格

595.08万円

最低価格

320.00万円

最高価格

898.00万円