• 最寄り店舗検索

  • 掲載数

    45,313

  • バイク

    41,670

  • パーツ

    3,643

クラシックの人気バイクランキング

BDSバイクセンサーのタイプ別ランキング(クラシック)では、サイト内のすべてのメーカー・排気量の一ヶ月間の閲覧数・アクセス数を集計し、最もアクセス数の多かったクラシックのバイクをランキング形式でご紹介!各車両ごとの解説と価格帯も掲載しているので、最新のトレンドと併せて確認することで、今までとちょっと違った目線で欲しいバイクを探すことができるかも!?ぜひバイク選びの参考にしてみてください。

 

クラシック人気車種 (1 ~10 位)

1

排気量: 400 cc

SR400SRシリーズ

SR400は、誰もが認めるビッグシングルのスタンダードモデル。ドラムブレーキへの変更とフォークブーツの新採用を行い、クラシカルな方向にシフトされた。シングルレーサーに近いものや、スタイル重視のスカチューンやカフェレーサーまで、カスタムのカタチが多岐に渡る。

平均価格

67.06万円

最低価格

29.08万円

最高価格

265.00万円

2

排気量: 348 cc

GB350

GB350はインドで発表された「Hʼness CB350」をベースに開発されたモデルである。新設計の空冷4ストロークOHC単気筒エンジンを搭載し、一室構造のマフラーとの組み合わせにより、重低音とパルスの相まったサウンドを実現している。また、走行中にライダーにも排気音が聞こえるよう、あえて高周波を残すような細かいチューニングを施しており、停止中にも鼓動が伝わるようアイドリングは低回転に設定されている。その他、アシストスリッパークラッチの採用により、クラッチレバー操作荷重の軽減と、シフトダウン時の急激なエンジンブレーキによるショックを緩和。ライダーの疲労低減と快適性に寄与している。

平均価格

61.72万円

最低価格

39.08万円

最高価格

89.08万円

3

排気量: 800 cc

W800

50年にわたるカワサキの「W」ブランドの血脈を受け継ぐ最新進化形が800cc並列2気筒エンジン搭載のW800。19インチのフロントホイールはオリジナルの「W」が持つ、ゆったりとしたハンドリングに貢献。空冷バーチカルツインのパルス感と乾いたサウンドとともにクラシックなライディングフィールを演出している。速度や出力に依存しない純粋な操る悦びが、往年のビッグバイクに乗る快感を感じさせてくれる。

平均価格

86.36万円

最低価格

44.09万円

最高価格

135.08万円

4

排気量: 250 cc

エストレヤ

クラシカル、トラディショナルといった言葉が似合う、どこか懐かしさを感じさせるモデルが登場してきた1990年代に、カワサキが登場させたのがエストレヤだ。完全新設計となったロングストロークの空冷シングルエンジンは、絶対的な性能ではなく鼓動感や外観を重視している。

平均価格

59.29万円

最低価格

17.08万円

最高価格

99.08万円

5

排気量: 223 cc

CB223SCBシリーズ

FTR223をベースにCB400SSのデザインを踏襲。スタイリングはティアドロップ形状の燃料タンクや、フラットな形状のシート、シルバー塗装の前・後フェンダーなど、シンプルかつベーシックなイメージとしている。エンジンは市街地やツーリングで多用する低・中回転域で扱いやすい出力特性。車体はフレームの剛性や前・後サスペンションを、ロードスポーツモデルとして専用セッティングを施すなど最適化するとともに、ロードスポーツ専用のタイヤを装着して、軽快なハンドリングを実現している。

平均価格

38.32万円

最低価格

12.86万円

最高価格

61.49万円

6

排気量: 400 cc

W400

ノスタルジックな雰囲気のネオ・レトロモデルが各排気量で登場した、90年代レトロスタイルの流れを受けて登場したW650の400?クラスとして発売されたのがW400だ。今の時代で並列ツインの良さを感じることができる貴重なモデルとなっている。

平均価格

66.71万円

最低価格

45.08万円

最高価格

95.08万円

7

排気量: 650 cc

W650

W650は、20数年の時を経て復活したバーチカルツインモデル。ベベルギヤ(傘歯車)とシャフトによってカムを駆動させる空冷 SOHC4バルブ並列ツインは、クランク前側に一軸バランサーを持つことで、低中速回転域では適度な鼓動感を確保、高回転域では不快な振動を抑える。

平均価格

69.08万円

最低価格

39.99万円

最高価格

235.00万円

8

排気量: 348 cc

GB350S

GB350Sはバンク角を深めたマフラー、軽量な樹脂製前後フェンダー、シャープな面構成のサイドカバー、タックロール風ワディングシート、コンパクトなリア灯火器を装備。また、リアホイールを17インチに小経化し、グリップ特性と高い安定性を両立するメッツラー社のワイドなラジアルタイヤ(スタンダードタイプはダンロップ製)を搭載。さらに、ハンドルをより低く、メインステップを後方上部に配置することで、GB350と比べてよりスポーティーなモデルとなっている。

平均価格

57.28万円

最低価格

44.00万円

最高価格

78.01万円

9

排気量: 400 cc

CB400SSCBシリーズ

CB400SSは、CL400の後継モデルとして2001年に登場したストリートモデルだ。1970年代の空冷ツインモデルであるCB360TやCJ360Tを彷彿とさせるレトロなデザインで、よりSR400の路線に近づいたものとなった。4本のバルブを半円面上に放射状に配置して高効率を実現したRFVCヘッドの空冷シングルエンジンは、XR400Rをベースに出力を29psにダウン。外観もやや変更となりCL400にも搭載され、それを受け継いだものとなる。2001年の初代モデルはキック始動のみだったが、2003年発売モデルでセル・キック併用になった。

平均価格

48.08万円

最低価格

23.99万円

最高価格

92.08万円

10

排気量: 250 cc

エストレヤRS

エストレヤの特徴的なセパレートタイプのシートから一体型のシートに形状変更、メッキフェンダーを採用したモデル。性能重視のエンジンではないが穏やかで扱いやすい特性を持つ。ビギナーに最適な1台。

平均価格

38.43万円

最低価格

8.08万円

最高価格

79.08万円